日々のつづり

<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

TERURA、KAZとの出会い

ヒイロが作っていたホームページにとある書き込みがあった。
ぱくろ~見てよ!とヒイロに言われて掲示板を見たら
GLAYのコピバンで歌いたい!との書き込みがズラ~っとあった。
その書き込みの主がTERURAだった。
僕はビックリした。ホントにとてもビックリした。
さてどうしよう?メンバーは僕とヒイロ(この時はベース)とドラムしかいなかった。
とりあえず会ってみようかとの事になって遠かったと思ったけど地元まで呼んだ。
でも、僕は昔から女の子は苦手だった。
だからお話はみんなヒイロのお任せした(も~しわけなかった)
そのまま友達の家でギターとCDに合わせて歌ったな~。
そして、次いつ会えるかわからないけど再会の約束をして別れた。

ここまで来たらもう一人のギタリストも探すか~ということで
携帯でバンドメンバー募集サイトを探した。
そしたら、ピッタリのメンバーがいたから早速メールした。
家もそう遠くなかったし、GLAYも好きみたいだったから。
そして、会う約束をして駅に集合した。
そのときのメールのやり取りで
「メシはどうするんですか?」
といきなり聞かれてビックリした。
まだ一度も会ってないのにメシの心配かよ!と
天然キャラ全開で登場したのがKAZだった。
これで一応TRUSTの原型が完成したのだ。

でも相変わらずドラムとは会えず、打ち込みで練習する日々だった。
しかもTERURAとKAZとは三ヶ月に一回とかの割合でしか会えなかった。
スタジオに入れたのもかなり先のことだった。
そしてドラムが、仕事に就きバンドをすることが無理になり脱退。
TRUSTは暗礁に乗り上げてしまった。
そのまま年月だけが流れ、僕は高校を卒業して東京の専門学校に行ってしまった。
正直、メンバーには申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
せっかくバンドがしたくて集まってもらったのに何もできなくて・・・。
でもみんなで集まることだけは止めなかった。
何ヶ月先であろうといつか予定を決めてスタジオに入ろうと思っていた。
そのために僕は東京から地元に帰っていたが苦ではなかった。
いつかライブをしたいという思いがあったから。
[PR]
by dora4debu | 2006-03-31 00:56 | TRUSTの軌跡

高校時代~バンド結成~

僕は工業高校に入学した。
特に部活もやることもなく日々をただ過ごしていた。
ただどこかでバンドをやりたいなぁという想いはあった。
学校も一年近くいるとみんなのことがなんとなくわかっってきた。
クラスの中でもギターを弾いている友達がいたりした。
じゃあバンドを組もうと結成したのが「T.P.バナナ」
GLAYのコピバンとして活動をし始めた。

暇があれば、僕のおばあちゃん家の2階が防音設備の整った部屋だから
練習に明け暮れた。
ドラムとはほとんど会えず僕が打ち込みで作ったドラムと合わせる練習が基本だった。
その狂いのないリズムで練習してきたから今のリズム感が養われたのだと実感している。
1日中SOUL LOVEという過酷というか馬鹿な練習もした。
泊りがけでもやった。ただ夜は寒くて凍えるような想いをした。
メンバーが集まらない日は特別ゲストも呼んで歌ってもらった。
あのときの君の宇多田ヒカルと息切れWinter,againは忘れない(笑)
あるときは、ギタリストの家で楽器を担ぎこんで
真夏のWinter,againなんてのもやったな~。

僕の家で泊りがけで練習したりもした。
夜中あまりにもうるさいので
隣のマンションの警備員に怒られたくらいだ(笑)
この頃から今の爆音が生まれ始めていたのかな~。

・・・でもどこかで不協和音が奏でつつあった。
いつのまにか全然できないギタリストに強く当たってしまっていたから。
口論もした。一里屋の横断歩道の側で。
あの時僕は何かに追われていた。
完成度を求めるばかりに、リーダーとして立派な演奏を見せたいがために・・・。
こだわりすぎていたのかも知れない。
あの時はGLAYのライブDVDを見まくっていた。
だからここはこんな感じに弾いて!とかいろいろ言っていたから。
それが本人にとってどれだけ苦痛だったかは、今になってわかってきた。
ライブはやったけど、その後のメンバーが脱退していくのがつらかった。
僕はもっと続けていきたかった、このメンバーでと思っていたから。
僕のやり方が悪かった。すごく反省した。
それからは僕もバンドを辞めようと思っていた。

ライブが終わってからは半年くらいギターに触ることがない日々だった。
友達とサッカーをしたり、遊んだりしてバンドのことはほとんど忘れていた。
いや、忘れたかったのかもしれない・・・。
けど、運命の書き込みでまた人生の岐路に佇んだ・・・。
[PR]
by dora4debu | 2006-03-31 00:26 | TRUSTの軌跡

ギターとの出会い

僕がギターをやり始めたのは中学2年の頃だった。
部活はやっていたけどそれ以外にあまり趣味のないつまらない生活を送っていた。
ある日、テレビを見ていたら吉田拓郎がギターを弾いている姿を見て、
ギターの格好良さに触れ自分でもやりたいなぁと思いアコギを通販で購入した。
が、挫折した。結構頑張ったがFの壁は厚かった…。
そして、中学3年に友人の家で運命のバンドに出会った。
それが今も大好きな「GLAY」だった。
そこで聴いた曲はアルバム「BELOVD」の中の「Loves chnge fighters,cool」で恐ろしい程の衝撃を受けた。
スピード感溢れるリズムの中のサビ前のブレイクがバンドという一体感をビシビシと感じた。
すぐさま曲を借り、家に帰りスコアを見つめ奮闘した。
思い返せば中学時代はあまりギターは弾いてない気がする…。
近所の幼なじみの友達と家で一緒に練習したくらいかな~。
この頃はバンドを組むなんて事は考えていなかったと思う。
あの頃から見る僕は、今バンドに打ち込む姿を想像できたかな?
とまあ中学時代はこんな感じで次回は高校時代の軌跡を辿ります☆
[PR]
by dora4debu | 2006-03-29 23:06 | TRUSTの軌跡

お引越し

ブログをエキサイトに引っ越しました~。

今度からはこちらから投稿します☆
[PR]
by dora4debu | 2006-03-29 01:38

ギターとの出会い

僕がギターをやり始めたのは中学2年の頃だった。
部活はやっていたけどそれ以外にあまり趣味のないつまらない生活を送っていた。
ある日、テレビを見ていたら吉田拓郎がギターを弾いている姿を見て、
ギターの格好良さに触れ自分でもやりたいなぁと思いアコギを通販で購入した。
が、挫折した。結構頑張ったがFの壁は厚かった…。
そして、中学3年に友人の家で運命のバンドに出会った。
それが今も大好きな「GLAY」だった。
そこで聴いた曲はアルバム「BELOVD」の中の「Loves chnge fighters,cool」で恐ろしい程の衝撃を受けた。
スピード感溢れるリズムの中のサビ前のブレイクがバンドという一体感をビシビシと感じた。
すぐさま曲を借り、家に帰りスコアを見つめ奮闘した。
思い返せば中学時代はあまりギターは弾いてない気がする…。
近所の幼なじみの友達と家で一緒に練習したくらいかな~。
この頃はバンドを組むなんて事は考えていなかったと思う。
あの頃から見る僕は、今バンドに打ち込む姿を想像できたかな?
とまあ中学時代はこんな感じで次回は高校時代の軌跡を辿ります☆
[PR]
by dora4debu | 2006-03-16 21:24 | TRUSTの軌跡

ライブ決定

5月14日沼袋SANCTUARYにて今年の初ライブが決定しました。
GLAYのコピーは夏まで取っておいてオリジナルに力をいれようと思います。
きていただいたみなさんに楽しんでいただけるよう頑張ります。

今日は横浜スタジアムにオープン戦を見に行きました。
中村清原のアベックホームランが飛び出したり
清原の11年ぶりの3塁だを見れたり
オープン戦とは思えない乱打戦でとても楽しかったです。
近鉄がなくなって宙ぶらりんな気持ちでいたけど
中村と清原を応援するためにオリックスファンになってもいいかなと。。。
近鉄が吸収された球団でもあるし・・・。

バンドのメンバーは音楽を始めた奇跡をブログに書いてるようですが
ほとんどヒイロに書かれネタがありません笑
なんかあったら書きますのでしばしお待ちを・・・。
[PR]
by dora4debu | 2006-03-16 00:51 | 生活

PAKUの思ったことを日々つづります。
by dora4debu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

最新の記事

お引越し
at 2010-03-14 23:45
Garden
at 2010-03-13 01:20
今更ながら
at 2010-03-08 06:18
気力なし
at 2010-03-06 01:24
試合
at 2010-02-28 00:08

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな